久しぶりに、ブックオフで本やDVDを引き取ってもらいました

何ヶ月ぶりくらいになるか…久しぶりにブックオフでいろいろ引き取ってもらいました。ブックオフにはたまに行くのですが、この”お引き取り”がちょっと面倒になってしばらく止めていました。

本を持って行くのは、結構疲れます。かと言って、取りに来てもらうほどの量でもないです。そして、持って行って「こちらは引き取れません」と言われたものも過去にありました。

その場合、もう処分してもらうか、また持って帰るかの寂しい選択を迫られます。すぐ帰宅するのなら持って帰りますが、大抵はその後にも用事があるので本はなるべく持ちたくないんです。

そんなこともあって、しばらくは不要になった本は資源ゴミの日に出すことにしていました。しかしながら、この資源ゴミでも問題があって、一応まだキレイ目の本があると抜いていく人がいます。

すると、せっかく紐で硬く縛っていてもほどけてしまうのです。この対策には、カバーを取って出すしかなくなり、またまた寂しい作業が付いて回りました。

ちょっと珍しいものでも手に入るのが魅力です

一旦足が遠ざかっていたブックオフなのですが、今年は意外な物探しにまたよく行くようになりました。落語のCDです。落語のCDは、新聞等にはよく数枚がセットになったものが宣伝されています。

しかし、素人がちょっと聴いてみたい時には、どなたのを聴けば良いのか分かりません。そういう場合、ブックオフで中古のCDでとりあえず適当に選んで聴いてみるのもいいかな…と思ったら、本当に良かったです。

”六代目三遊亭圓生ベスト”では、有名な『文七元結』や『佐々木政談』を何度も楽しめました。

”NHK落語名人選 三代目 桂三木助”では、左甚五郎が登場する『ねずみ』や正反対の性格の二人の会話が楽しい『長短』をじっくり聴くことが出来ました。こういうCDは、たくさんある中から選ぼうとすると、かえって出会えなかったと思います。

それから、トルストイの作品もブックオフで見つけることが出来ました。『イワン・イリッチの死』という作品があるのですが、この本が普通の大手の本屋さんには無かったんです。

私は通販は使わないので、注文するしかないのかな…と思っていたらブックオフにあってすごく嬉しかったです。おまけにポイントで買うことが出来ました。

こういうことがあってから、やっぱり自分がもう読まない本やCD・DVDでも、探している方がいたり、何かを始めるきっかけになることがあるかも…と思うようになりました。一冊でも気にせず、また読み終えた本が出たら持って行こうと思います。

お金がないときはモノを売る

目標を設定して生活を改めています。具体的に設定すると行動も現実味を帯びます。

本年の目標の一つに貯金がありました。昨年から、貯金額も具体的にして頑張っていました。無事に目標金額に到達しました。それにすっかり味を占めて、今年も同じ様に目標金額をきちんと立てました。

ただ昨年よりも数百万円多くしました。辿り着くかどうか分かりませんが、到達するように努力をする様にはなりました。まず、バイトを一つ増やしました。

仕事自体は体もあまり使わないので、疲れる事もありません。そこで民泊の掃除を始めたのです。仕事の時間を私のシフトと調整できる事と時給が良かった事、体を動かす事が出来るので始めました。場所は仕事場の途中にあります。

車で行って2.3時間働いています。毎日仕事はありませんが、週に1.2回はあります。朝一番で掃除をし、それから仕事に向かう日々です。

軽い運動の様な感じで、かなり心地良く過ごしています。しかも、よく流行っているのか、時給は1250円から1500円くれます。二か所の民泊の経営者と契約していますが、一人が私の働きを評価してくれたのです。

その為、始めは時給1000円と言っていましたが、今は1500円で雇ってくれています。好きな様に一生懸命掃除をしています。月に2.3万円程になります。今までなら、ワイドショー等をダラダラと見ていただけなので、大変いい時間の使い方になったと思います。

NISAでコツコツと貯めています

掃除の仕事だけで年間100万円アップする事は出来ません。そこで、この副業や他のバイトで貯めた分を株に投資する事にしました。運がよく増えればいいし、配当や優待を楽しむ事が出来ればそれはそれで楽しいかなと思いました。

新たに証券会社を契約し、NISA口座を開きました。そして、会社をどこにするか等を検索し、5万円以下で買える会社を探しました。年間120万円までが上限ですので、何度か売ったり買ったりしながら優待を楽しみにしています。

今は6社保有しています。塵も積もればと言う感じでコツコツと会社を増やしました。優待は主にクオカードや商品券を貰える会社にしています。そうすると、不動産関連の会社ばかりになりました。

コンビニによく行く訳ではありませんが、マツモトキヨシでも使えるので助かっています。金券ショップで現金にすると言う方法もありますが、それだと500円以下になってしまうので、薬局で使おうと思っています。お金がないといっている人は無駄遣いしているからですね。

コツコツ貯めながら、今年の目標は達成できるかどうか、楽しみです。目標を具体的にすると、その為に一生懸命、方法を模索し、行動に移す物なんだなと自分の性格を見つめる機会にもなりました。

栃木県へサッカー観戦を兼ねた小旅行に出かけてきました

私はサッカー観戦が好きで、よく出かけているのですが今回は小旅行も兼ねて栃木県に出かけてきました。

私はJリーグ観戦が趣味で、全国各地の様々なスタジアムに出かけています。特定の応援しているチームはなく、毎週末開催される試合の中でおもしろそうな試合を見に出かけます。

今回はJ2リーグ栃木SCの試合観戦のために、栃木県のグリーンスタジアムに出かけてきました。自家用車で途中寄り道もしながら、友人と2人で日帰り旅行を楽しんできました。

当日は早朝に出発しました。試合開始が午後の予定だったので、最初は那須ガーデンアウトレットで買い物をする計画です。那須ガーデンアウトレットまでは、予定では高速道路を利用して3時間30分ほどでの到着となります。

途中高速道路のサービスエリアで休憩を挟みつつほぼ予定通りの時間で到着できました。開店直後くらいに到着でき、まだ駐車場も混雑する前でした。

初めての那須を楽しみました

那須ガーデンアウトレットに行くのは始めてでしたが、思っていたよりも広くたくさんのショップのテナントがありました。お気に入りのショップで買い物をして、早めの昼食を摂ることにしました。

栃木豚のとんかつを食べましたが、やわらかくておいしかったです。脂っぽくなく、ペロッと完食しました。

昼前には那須ガーデンアウトレットを出て、いよいよ栃木グリーンスタジアムを目指します。その頃には駐車場にはものすごい車の数で、とても広い駐車場にも関わらず駐車できずにウロウロしている車さえありました。

那須ガーデンアウトレットから栃木グリーンスタジアムまでは車で1時間ほどの予定です。時間にいくらか余裕があったので下道でスタジアムを目指しました。

栃木グリーンスタジアム行き方

予定通りの時間で栃木グリーンスタジアムに到着しました。ゴール裏の自由席で試合観戦です。栃木グリーンスタジアムはサッカー専用スタジアムになっているため試合も見やすく臨場感がありました。

また、目の前で控え選手がアップしている様子も見ることができました。観客は6000人程度で、まだまだ県民にサッカーが根付いてはいないようでしたが、スタジアムはとても素晴らしいものでした。

帰りも高速道路を使って行きと同じくらいの時間で帰ってきました。車中泊も覚悟していましたが、思いのほかスムーズでその日の内には友人と解散し帰宅できました。往復7時間の運転もそれほど苦には感じませんでした。

私はこのように日常的にサッカー観戦をおこなっており、毎週末が楽しみでなりません。

自分自身でビックリする程方向音痴で治す方法はあるのか知りたい

最近自分でビックリするぐらい方向音痴という事が判明しました。前々から方向音痴だっていう事は自覚していたのですが、ここまで酷いのかと自分で自分が嫌になります。

久しぶりというか初めてに近い感じで、スマホのダンジョンゲームを始めました。ダンジョンゲームで方向音痴のせいで多分普通の人の感覚だったら5分もかからず終わる様なゲームなのですが、なんと20分もかかってしまいました。

地図がないから仕方ないと思おうとしていますが、そういう問題じゃないよなと思っています。感覚として同じ所をグルグル回っている気はするけど前回通った道は分かるとしても前々回通った道が分からなくなります。その結果同じ所でグルグル回るみたいです。

普通に生活しているときも結構酷いです。本当に携帯でナビを使える様になって本当に良かったって感じです。ナビがない時は地図を持っても地図が読めない子だった為役に立たなかったです。

人と待ち合わせてどっか行く時に私が案内人の時は先についてそれこそ30分以上前にそこから一度目的地に行ってから戻るという涙ぐましい努力をしていました。ナビが使える様になってからも何回か迷子になった事もあります。

方向音痴はいつか治すつもりです

父親方の血筋らしく父親も相当な方向音痴です。母親はある程度感覚はあるみたいで、私の兄も一度通った道はる程度覚えていられるみたいです。

よく行っているお墓の場所も未だに不安です。それこそ小さい頃から行っているし、免許取ってから自分で運転して行く事もありますが、いつの間にか全然違う所に出てしまうあります。その時は本気で母親にビックリされました。

どうすれば方向音痴って治る?と兄に聞いたら「多分治らない,諦めて地図に頼りな」と言われました。方向音痴の悩みが分かってなくてちょっと腹が立ちました。

仕事で周りに迷惑をかけない程度の方向音痴になりたいです。気を抜くと、会社の中で道を間違えそうになります。

会社の中で何も考えないで歩いていて分かれ道があると左に進む修正があるみたいで、気が付いたら目の前が壁っていう時もあります。これは本気で危ないので気をつけようと思っています。

どうすれば本当に治るのだろうか?知らない所に出掛けるのは基本的に好きで、自然探索とかかなり好きですが、一人で行くと迷子になり帰って来れなくなりそうで一人で出掛けるのに凄く抵抗を覚えてしまいます。

一度誰にも縛られず自由な旅をしてみたいなと思います。仕事が落ち着いたら今度やってみます。その為にも方向音痴をどうにかする努力を開始しようと思います。

休日の過ごし方について思うところがあるのですが、悩んでいます。

小学生の子供の休日の過ごさせ方がよく分かりません。漫画やゲームが好きで、朝から晩まで漫画を読み、ゲームをします。パパがいる日はなおさら、2人でゲームをしています。

私としては、パパがいる日は、尚更どこかへお出かけなどして、充実した1日を過ごさせてあげたいと思うのですが、そこなんですよね。

充実した1日かどうかは、その人個人が決めることであり、私が口出す事ではないのです。そうは思うのですが、まだ小学生です。モノより思い出も大事なのではないでしょうか。どうなのでしょうか。

まだ、あまり、自分の意思での行動がない、就学前までは、休日に余裕があれば、パパは不規則な勤務で、いやい時が多々あるので私一人で、いろんなイベントや地域の行事などに参加させていました。

行けば楽しいようで、今でも、パパがいなければ2人でワークショップなどに出かけたりしてました。

ですが、最近は行かない方向で考えることが多くなり、一人で家でできることが増えてきたのもあり、パパがいれば完全に2人でゲーム三昧で、母としては、ちょっと思うところが出てきました。

家族間でのライフスタイルの違い

私はどちらかといえば、体を動かして遊んで、その後はゆっくり休む、というようなメリハリのある休日の過ごし方が好きなので、時間があれば公園などに行きたいと考えます。

でも子供も、もう小学生となると、やりたい事もそれぞれで出てくると思うと、ああしなさい、こうしなさい、とも言えなくなり、パパに至っては大人なので、休みの日くらい好きにさせてくれと言われれば、何にも言えず、悶々とする日々です。難しいですね。

パパはもちろん、日々働いてるし、子供も毎日学校に通って、平日は宿題も嫌がらず、きちんとこなし、夜も早めに就寝します。そのような日々の中で、休みの日に好きな事をしたい、と言われれば、そうさせてあげるべきなのでしょう。

もちろん、年に何回かは家族旅行も行くし、スイミングなんかも行くし、全然遊びに行かないわけでもありません。

一日くらい家から出ない日があっても、こちらからすると不健康な生活でも、その人にとってはそれが、心の休息になり、健康的な生活をする為の糧だと言われてしまえば、そういう日もあっていいんですよね。

ですが!ですが!私は、土日のどちらかくらい、外に出て遊びたいです!子供だけで残して行くにはまだ幼く、結局、出たい母も家に拘束されてしまうのが不満なのでしょう!

もう少し大きくなったら、お互い干渉せず、楽しい親子ライフが送れるようになるのでしょう。

子育ての悩み

「我が家にヒヨドリが帰ってきた」と喜ぶ子供と私と夫

今年の4月にヒヨドリが庭の木に巣をつくりました。初めてのことで家族みんなで大興奮。毎日写真を撮ったり見守ったりと朝からしていました。

ヒヨドリは基本的に朝の早い時間にしか巣をつくらないようです。しかも巣の材料も様々で、木の枝、葉っぱ、ビニールテープやツルのようなものなどを一つ一つどこからか見つけて運んできては丁寧にお椀の形に作っていきました。

私がきづいたのが4月の終わりで、5月のゴールデンウィークには巣をもう完成していました。はやく卵を産まないか楽しみにする私たち。そしてついにその時が来ました。

ヒヨドリはいつも2羽で飛んできます。そして1羽はずっと巣の中にいて、1羽は近くの木の枝から見守ります。「もしかして…」と思い巣の中をのぞくと卵がありました。子供に報告すると大喜び。いつ生まれるのかいつ生まれるのか家の中はヒヨドリの話で大盛り上がりです。

そしてゴールデンウィークが終わりしばらくするとどこを探してもヒヨドリの姿がありません。「おかしいな?」と思いました。卵を温めないと、卵はかえらないはず。それにご飯を食べに行くなら交代で温めないのかな?と思いました。

そっと中をのぞくと1つは割れて、中身が出ていました。あと2つはそのまま卵のままです。そしてその日はヒヨドリは来ませんでした。次の日も次の日もヒヨドリは来ませんでした。

今年はうまく孵ってくれるといいですね

雨が多かったので、そのせいかな?とも思ったのですが、卵をほって親鳥がどこかに行くことも考えにくいです。結局その日からヒヨドリはかえって来ませんでした。

本で調べると、自然の動物や虫もですが、無事にうまれる確率のほうが少ないとありました。これを知ってあらためて自然の大変さが身に沁みました。

子どもはせっかく楽しみにしていたのにがっかりした様子でした。私も夫ももちろんとてもショックでした。しばらくは巣をそのままにしておいたのですが、ヒヨドリは毎年新しい巣をつくるそうで、古いものは壊れる可能性があるので使用しないようです。

ですので巣を取ってしまいました。そして9月になりました。初めてヒヨドリをみつけてから5か月が過ぎました。ふと庭から「ピーヨピーヨ」と声がします。

急いで庭を見渡すと、2羽のヒヨドリがいました。あの時のヒヨドリではないかもしれませんが、うれしくなっていそいで写真を撮りました。
そしてそれを子供に見せると、「ヒヨドリが帰ってきたんだね」ととてもうれしそうに言いました。

ヒヨドリ

また来年も我が家に来て、巣を作って今度こそはヒナの顔が見たいと思いました。

昨日は秋晴れの中出掛けて床屋やラーメン屋で気分をリフレッシュした

昨日は非常に良い天気で秋晴れと言うのでしょうか、明るいのに涼しくて過ごしやすい陽気でした。その日は出かける用事があり、私は基本徒歩で移動するのでとてもありがたかったです。

仕事のノルマや英語学習や入浴などの雑事を済ませてから出かけることにしていたのですが、思ったよりも時間がかかってしまい11時半頃の出発になりました。

余裕を持って用事を済ませて昼食に入りたかったのでしまったなーと思いながら歩くのですが、すぐにその程度のことどうでも良くなります。明るい日差しの元で地元の街並みや山や川を見るのがとても心地の良いことでした。

やりたかったこと・気になったことを実行した日

最初の目的地は床屋で平日なので空いているかと思えば何人もお客さんがいますし、理容師さんの数が少なくて休日よりも少し早い程度です。

スマートフォンでニュース記事を読みながら待ち、自分の番になったらいつも通りカットしてもらうのですが、顔ぞりをしてもらうとやはり気持ちが良くて満足しました。

次は久しぶりの外食でお気に入りのラーメン屋さんに行ったのですが、変わらず営業されておりほっとします。普通の醤油ラーメンにいくつかトッピングしたのですがやはり美味しくて行って良かったとしみじみ思いました。

最近はずっと節約生活で節制していたのでただラーメンを外で食べるだけでも気持ちがリフレッシュされます。

それからホームセンターで必要なものを購入して帰ったのですが、涼しい陽気なのに長時間歩いたせいで汗をかいたので洗面所で顔を洗いました。

次に帳簿をつけたりお気に入りのアニメを見てひとやすみしてから色々作業をします。あるソフトウェアの勉強を毎日やっているのですが、ラーメン屋さんで考え事をしていてそれでどうしてもやりたいことができたので挑戦してみることにしました。

手探りで前に進んでおりまだ壁に当たっていませんがおそらく当たることになるのでその時は検索して他の人のやり方を参考にさせてもらうつもりです。その作業の合間にキッチンでお湯を沸かしてポッドに足したり、釜で炊かれたご飯を保温ジャーに移す家事をします。

それからコーヒーを淹れるのですが、ホットを入れてから体が熱くなっていたのでアイスにすべきだったと後悔しました。でも体の熱はすぐ引いたので丁度良かったのかもしれません。

昨日は木曜日でガンガンONLINEというウェブ漫画雑誌が更新される日だったので見に行ったら「私がもてないのはお前らが悪い」の最新話を読みました。それから動画を見て過ごし、休憩時間を終えたらまた作業に入るのでした。